スリーステップでできる、かんたん&ヘルシーなお料理レシピ

ぽるたーた

キーワードで探す

きくらげと豚の炒り卵

レシピを印刷する

きくらげには沢山のビタミンDが含まれていて、食材の中でもトップクラスです。ビタミンDは脂溶性のビタミンの一つで骨の形成を促し骨粗鬆症の予防に作用する他、免疫力を高めたり、がん予防が期待されています。不溶性の食物繊維もたっぷり含まれ、有害な物質を吸着し体外に排出するのを助ける作用もあります。きくらげと豚の炒り卵

材料
2人前
豚こま切れ肉
100g
生きくらげ
80g
にんにく
1かけ
長ねぎ
1本
2個
大さじ1
オイスターソース
大さじ1/2
適量
こしょう
適量
ゴマ油
大さじ1
カロリー:340キロカロリー
塩分:3.3g
所要時間:25分

つくりかた

  • 1.長ねぎとにんにくはみじん切り、卵は溶きほぐしておく。
  • 2.フライパンにゴマ油を温め、長ねぎとにんにくを焦がさない様に中火で炒める。
  • 3.(2)に豚こま切れ肉と生きくらげを加え、塩、こしょうをして強火で炒める。
  • 4.豚こま切れ肉の色が変わったら酒を加え炒め、フライパンの端に寄せる。
  • 5.フライパンの空いたスペースに溶き卵を流し入れ、半熟の炒り卵を作ってから、全体的に混ぜ合わせる。
  • 6.オイスターソースを入れ混ぜ合わせ、塩とこしょうで味を調える。
  • 半熟の炒り卵を作る時は、最初はあまりいじらない、固まり始めたら箸で一気に混ぜて半熟卵にします。

2014年5月17日| カテゴリ: 夕食, 野菜・キノコ・芋・豆類, 魚介・魚介加工品・海藻類, 肉・卵・乳製品, おかず, 未分類