スリーステップでできる、かんたん&ヘルシーなお料理レシピ

ぽるたーた

キーワードで探す

筍ときのこの五目煮

レシピを印刷する

春は筍のストックおかず。筍ごはんの具や卵とじ、
春巻きなどなどにアレンジできます。そのままおかずとしても。

0501takenokotokinokonogomokuni

材料
(作りやすい分量)
お好みのきのこ
合計150g
筍(水煮)
100g
にんじん
1/4本
鶏ひき肉(またはもも肉)
50g
(A)酒
大さじ1
(A)塩
少々
(B)だし汁
50cc
(B)みりん・醤油
各大さじ1
(B)砂糖
小さじ1
所要時間:15分

つくりかた

  • ①鶏肉(もも肉を使う場合は細切りにして)に(A)をもみ込み、10分ほど置く。
  • ②筍は3cmほどの棒状に切る。きのこ類は同じくらいに切る(または小房に分ける)。人参は細切りにする。
  • ③鍋に(B)と②を入れて火にかけ、蓋をして沸騰したら弱火で5分煮る。(途中数回全体を混ぜる。)
  • ④①をほぐすように加え、さらに3分ほど煮る。そのまま冷まして味を染み込ませる。
  • 作りたてよりも時間を置くと味がなじみます。
    (B)のだし汁は「水50cc+顆粒だしの素小さじ1」でもOKです。きのこはお好みのもので。何種類か合わせて使うと美味しさアップです。もとは炊き込みごはんの具として作っていたものです。(目安はお米2合に塩小さじ1/2、五目煮を全量で炊き込むくらい。煮汁の分、水は少なめに。)これを使った春巻きは別ページでご紹介します。

2016年5月22日| カテゴリ: 全て, 特集, お弁当レシピ特集, 野菜・キノコ・芋・豆類, 肉・卵・乳製品, 副菜